化学成分を一切使用していないモーガンズシャンプーには、一体何が入っているのでしょうか?中には「カタカナの成分が多く、本当に自然由来なのか疑わしい」という口コミもありましたね。

そこで今回は、モーガンズシャンプーの中でも「え?これって化学物質?」と勘違いされがちな「カタカナの自然由来成分」をメインに、徹底分析してみました。

モーガンズシャンプーの成分・分析結果

ラウロイルメチルアラニンNa

→名前だけ聞くと化学物質のように思えますが、これも立派な天然のアミノ酸。自然の中に存在するアミノ酸の中で最も強い洗浄力を誇ります。化学物質とは違い、人体に有害な影響を及ぼさないのが嬉しいですね。

グルタミン酸

→うまみ成分として知られていますが、実は立派な洗浄成分。ラウロイルメチルアラニンよりも穏やかな洗い上がりですが、保湿力に優れていて、必要な皮脂や油分をきちんと残してくれます。

トレオニン

→こちらも保湿力に優れたアミノ酸です。化粧品にもよく使用されていて、化学物質では出せないおだやかな浸透力が自慢の成分ですよ。

セリン

→髪の毛の中に元々存在するアミノ酸。地肌だけでなく、毛先に浸透して潤いを与えてくれます。

デシルグルコシド

→トウモロコシから抽出される、天然の界面活性剤です。界面活性剤と聞いてしまうと全部が有害!と身構えがちですが、自然に存在する界面活性剤は、汚れをはじいてくれるだけではなく、頭皮の状態も整える効果があるのです。

ポリクオタニウム-10

→植物性繊維由来の成分で、よくお水に溶けてくれるのが特徴。髪の毛のバリア効果を果たしてくれるので、毛髪同士のこすれやからみ、痛みを防いでくれます。

いかがでしょうか?

このような成分を踏まえてモーガンズがおすすめできる人は

「化学成分で過敏症を起こしてしまう人」
「小さなお子さんがいる人」
「妊娠中の人」
「髪の毛のいたみ、きしみが気になる人」

です。

こちらに挙げた成分は全て自然由来のものですよ。モーガンズシャンプーの分析サイトはたくさんありますが、公式サイトの方が一番詳しく記載してあります。どうしても成分の分析結果が気になる!という人は、一度公式サイトを確認すると安心できますね。

モーガンズの洗浄力は?成分から解析

最近、自然派シャンプーやオーガニック・ノンシリコンシャンプーが大人気ですよね。モーガンズシャンプーも自然派シャンプーのひとつ。

口コミでは

「分析の結果、けい皮毒の不安がないので、安心して使えます」
「肌荒れがひどいタイプなので、けい皮毒の心配をしなくてもいいモーガンズシャンプーが一番」

と、モーガンズシャンプーの安全性に惹かれて購入を決めた人が沢山いますよ。

ちなみに、「けい皮毒」は皮膚から入り込む微量の化学性有害物質のこと。蓄積されると、アトピーやアレルギー・肌荒れや失神の原因にもなるのですよ!

実は、通常の安いシャンプーを分析すると、界面活性剤や石油系成分などには、この「けい皮毒」となるものが大量に含まれているのです。お肌の敏感な方や、お子さんのいるご家庭にとっては深刻な問題ですよね。

冬場になると地肌がかゆくなる人は要注意。今まで使用していたシャンプーのけい皮毒が、頭皮に溜めこまれている可能性がありますよ。このけい皮毒は、シャンプーを変えるだけで大幅に減らすことができるのです。

しかし、

「今までのシャンプーより洗浄力が落ちないか心配」
「成分が安心でも、洗浄力が低いと使いづらい」

そんな人もいますよね。

安心な成分で構成されたモーガンズシャンプーですが、洗浄力の方はどれくらいあるのでしょうか?分析結果の成分から、洗浄力を調べてみました。

まず、モーガンズシャンプーで一番特徴的な成分は、「ラウロイルメチルアラニンNa」です。これは自然由来のアミノ酸で、最も洗浄力が強いもの。

そのため配合すればシャンプーの価格も跳ね上がる、とても高級なアミノ酸成分なのです。モーガンズシャンプーには、このラウロイルメチルアラニンがたくさん配合されています。

成分表の中でも比較的先頭に記載してあるのがその証拠。(商品裏の成分表は、配合率の高い順に明記するのがルールなのです)

それだけではなく、モーガンズシャンプーの成分には洗浄力の安定したアミノ酸が複数組み込まれているのですよ。

例えばタウリンとグルタミン酸。どちらも洗浄力のある成分で、こちらを組み合わせることにより、いっそう優れた泡立ちと洗い心地に仕上がるのです。

自然派シャンプーの中でも、これだけのアミノ酸を含有してあるのはモーガンズシャンプーが唯一と言えます。公式サイトには、他にも詳しい成分表が載っているので、アレルギーが心配な人も安心して確認できますよ。