抜け毛 タバコ
健康に悪いことは分かっていても、ストレスでなかなかタバコが止められずに悩んでいる方も多いですよね。

タバコは内臓機能の低下など身体に負担をかける原因にもなり、最悪の場合は肺がんや肺機能障害を引き起こす原因にもなります。

また、タバコの影響は身体の内側だけでなく、外側にも大きな影響を及ぼします。

特に抜け毛を増やす原因になるとされているのですが、なぜタバコを吸うことで抜け毛を増加させてしまうのでしょうか?

タバコを吸うと抜け毛を増やす5つの原因

1、 男性ホルモンを増加させる

男性ホルモンの量が増えると、過剰に皮脂を分泌させてしまい、毛穴に酸化した皮脂が詰まってしまうことから、抜け毛を増やすとされています。

また、髪はほぼたんぱく質でできているのですが、男性ホルモンが増加するとたんぱく質の生成を抑制してしまうことで、抜け毛を悪化させるだけでなく、新しい髪を作ることもできなくなってしまうのですね。

2、 ビタミン量が減少

健康的な髪を育てるのに必要なビタミンですが、タバコを吸うことで、体内にあるビタミンC、A,Eを消費してしまいます。

全体のビタミン量が不足することで、髪に栄養が届かなくなり、次第に髪がどんどん抜けていってしまうだけでなく、新しい髪を作ることもできません。

3、 血管が収縮する

タバコを吸うことで血管が細くなり、血行不良を起こしてしまうから髪を生成するのに必要な栄養を送ることができなくなります。

血行不良を起こすことで身体が冷えてしまうことも影響の一つとされていますね。

4、 肝臓機能低下

タバコのニコチンにより、肝臓機能を低下させてしまうことで、本来髪に届くはずだった栄養素が肝臓機能を修復するために髪にまで栄養を送れなくなってしまうので、結果的に抜け毛を起こしてしまいます。

ニコチンの毒を消化する機能は肝臓なので、その肝臓の働きが弱まっていると、どんどん身体に負担をかけてしまいます。

5、 自律神経が乱れやすくなる

ニコチンの作用により、自律神経が乱れて興奮状態になり、過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

前述の男性ホルモンの影響と同様に、皮脂が増えることで毛穴が詰まりやすくなり、抜け毛をどんどん増加させてしまうのですね。

このようにタバコは内臓機能を低下させるだけなく、これらの5つの原因から抜け毛を悪化させてしまうのです。

こんなにも身体や髪に悪影響を及ぼすのであれば、健康のためにもできるだけ早く禁煙されることをおすすめします。

しかし、一方である情報サイトを調べてみると、逆にタバコを止めたら抜け毛増えたといった声も上がっているようです。

一体どういうことなのでしょうか?

禁煙したら抜け毛が増えた原因って?

抜け毛の原因であるタバコを止めたのに、なぜ禁煙したら抜け毛が増えたといった情報が流れているのでしょうか?

当然ですが、禁煙したことで健康被害を起こることはありえませんし、健康を維持するためにもタバコはNGです。

しかし、急に禁煙することで、ストレスが溜まってしまった影響で一時的に抜け毛になってしまうこともあるようです。

ですが、禁煙のストレスによる抜け毛は基本的に一時的なものなので、ある程度禁煙になれれば治まってきます。

最近ではこのような間違った情報もネットに投稿されてしまっているのが現状ですが、タバコを止めて抜け毛が悪化することはないので、できるだけ抜け毛を減らし、健康な頭皮環境を取り戻すためにも禁煙を行いましょう。

リフレッシュするために1本だけ…と続けていくとその一本が抜け毛に大きな影響を与えてしまいます。

タバコを吸わないとイライラするのではなく、タバコを吸わないとイライラする体質になってしまっているだけです。

禁煙の辛いストレスはいずれ必ずなくなっていくものなので、抜け毛をこれ以上増やさないためにも禁煙を始めてみてはいかがでしょうか?